生まれ育った場所で人の役に立ちたかった。

生まれ育った場所で人の役に立ちたかった。

Profile

桑原 利奈

第一生命保険株式会社

静岡コンサルティング営業室

ライフプロフェッショナル職
2016年入社

Work Style

入社のきっかけ

生まれ育った場所で人の役に立ちたかった。

入社の決め手は、地元の静岡で、直接人とかかわる仕事だったことです。東京の大学に通っていましたが、生まれ育った場所で働きたいという思いからUターンを選択。「社会のために役立つ仕事」を志望していたため、「お客さまに最適なプランをご提案し、生活を支える」という点に共感を覚えました。

仕事のやりがい

試行錯誤しながら営業スタイルをつくる喜び。

社交的なタイプではないので営業職が務まるのだろうかと最初は不安でした。でも実際は、どんな人でも「自分らしさ」を活かせるのが営業職の魅力だと知りました。営業スタイルには唯一の解がありません。話すことが得意ではなくても、試行錯誤しながら自分なりのスタイルをつくりあげられるのが面白みのひとつ。お客さまから「応援してるよ」と声をかけていただくと、「もっとお客さまの力になりたい」と力がわいてきます。

shizuoka_01.jpg

仕事のモットー

会話のきっかけづくりになる「かわら版」は必携ツール。

話すことが得意ではない分、元気よく笑顔で挨拶することを心がけています。また、より多くの方に私自身を知っていただくために、毎日「かわら版」を作ってお客さまにお配りしています。お客さまとの会話の糸口になるため、私にとって心強いコミュニケーションツール。「かわら版」の内容についてお客さまから話しかけてくださることも多いので、自己紹介や季節の話題、雑学ネタなど、さまざまな内容を取り入れています。

shizuoka_02.jpg

今後の目標

営業スペシャリストとして周囲の力になれる存在に

将来は、営業スペシャリストとなり、後輩や同僚が困っているときには一緒にプランを考え、同行してサポートするというような、実質的な手助けを行える存在になりたいです。そのためにまずは自分自身のトークスキルを磨いて、もっとお客さまとのコミュニケーションからニーズを引き出し、ご提案につなげられるようになりたいです。

shizuoka_03.jpg

ONE DAY SCHEDULE

09:30

朝礼

shizuoka_sc01.jpg

情報交換から思わぬヒントを得ることも

朝礼は、オフィスのメンバーと情報を共有し、力を合わせて目標達成に向かうための大切な時間。また、営業スキルはロールプレイングで習得します。思わぬヒントをもらえることが多く、チーム制のありがたみを感じます。

10:30

お昼の訪問準備

shizuoka_sc02.jpg

わかりやすく説明できるよう、準備は念入りに

「かわら版」を書いたり、お客さまへお渡しする資料やお手紙の作成、アポイントの進め方についてトレーナーと打ち合わせをしたりと、準備すべきことがたくさんあります。納得のいく活動ができるよう、手は抜きません。

12:00 お昼の営業活動
13:30 ランチ
15:00 お昼の活動の案件整理
夕方の訪問準備
17:00

夕方の営業活動

shizuoka_sc03.jpg

責任感と使命感をもって、全力を尽くす

積極的にアポイントをとり、ニード喚起を行うようにしています。受け身ではなく、主体的に働きかけることで責任感や使命感が増し、お客さまに対して、より全力を尽くしたサービスを提供できるようになりました。

Off Style

先輩や同期と過ごすオフタイム

静岡まつりに同期が参加したので、応援に行きました。もう1枚の写真は、チームで集まったときのもの。結婚をする先輩のためにサプライズケーキを用意して、チームみんなでお祝いをしました。

shizuoka_off01.jpg

自分でスケジュール管理できることも魅力の一つ。

土日祝日はお休みですが、ときにはお客さまのご希望によりアポイントを入れることもあり、その際は翌週に振替休日を取得することができます。振替休日の日に、平日にしか会えない友人と約束できたり銀行や病院に行けたりと、メリットもたくさん。自分でスケジュール管理できることも魅力の一つだと感じています。

shizuoka_off02.jpg

【第一生命】ライフプロフェッショナル職についてもっと詳しく知りたい方はこちら

採用HPへ 

マイナビ2023へ 

【第一生命】ライフプロフェッショナル職についてもっと詳しく知りたい方はこちら

関連記事