まだ世にない、新しい技術をいち早く。

Profile

小林 真希

NECソリューションイノベータ株式会社
クラウドNWソリューション事業部
ITアーキテクト

2005年入社

ご自身が取り扱っている技術について教えてください。

NECが提供しているクラウドサービスの新規サービス開発を担当しています。 具体的には、業種に関係なく、様々な企業のお客様向けに、仮想化技術を使ったインフラ環境を提供しています。

お客様が新規システムを立ち上げるためには、サーバー、ストレージ、ネットワークといったインフラ環境を人手で構築する必要があります。
その構築をお客様自身で全て対応すると非常に多くのコストと工数がかかり、導入までのリードタイムが長くなってしまったり、お客様が本来の業務に集中できないといった課題があります。

インフラを仮想で提供できるメリットは、インフラ環境を自動で構築できるため、お客様が新規システムを立ち上げる際のリードタイムへのコストと、工数を大幅に削減し、素早くシステムの立ち上げができることです。つまり、お客様はインフラ環境を意識することなく、本来の業務に注力することができるようになります。

また、仮想化技術を用いているため導入後のカスタマイズがしやすく、新しい技術もすぐにサービスに追加していますので、お客様自身も最新の技術を取り入れやすくなってきています。

ご自身のプロジェクトは社会にどのように役立っていますか?社会に提供する価値について、教えてください。

お客様自身でインフラ環境を用意する場合は、災害等のあらゆる障害に備えて、冗長性や継続性が課題となります。しかし、私たちのサービスでは、データセンターとして、そのような課題への揺ぎ無い品質保証があります。お客様は不安を抱えることなく、継続的に、安心してサービスを使うことができます。

また、お客様は、その先のお客様であるエンドユーザー、つまり、私たちが日常生活で触れるサービスを提供しています。 私たちは業種に限らず金融や医療、交通をはじめとする幅広いお客様へインフラ環境を提供しているため、万が一、私たちが提供するクラウドサービスに障害が発生すれば、お客様が提供するサービスにも障害が及びます。それは、私たちの日常生活にも支障を来すことになりかねません。
このようなことがないよう、私たちは継続的にお客様にサービスを提供することで、「安全」で「効率的な」社会を実現しているのです。

ご自身が取り扱っている技術、NECソリューションイノベータならではの強みを教えてください。また、今後、どのようなことにチャレンジしたいですか?

当社には、NECソリューションイノベータとしての使命感を持ち、お客様の課題解決のために、新しいものを生み出そうとする風土が根付いています。

クラウドサービスメニューとして、災害時における業務継続性の自動化はNECが初めて実現した技術です。
お客様や社会に役立つものを、自分の技術力で実現できている実感があります。
また、当社はNECグループの中でも技術力のコアとして、社会に貢献をしています。

今後も常に時代の先を見据えて、今はまだ世の中に無い新しい技術をいち早く取り入れ、お客様へ価値として提供していきたいと思います。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

誰でも何事にも初めてがあります。
初めてのことに臆せず、チャレンジを続けてください。
当社には、やりたいことに挑戦させてくれる風土があります。
仕事は一人ではできません。一人の力は小さくても、個々が集結したチームの力は無限大になります。
何かにチャレンジしたいという想いを持ち、それを声に出せる人と一緒に働きたいです。

NEC Solution Innovators
世界を変えに行こう。

エントリーはこちら 

マイページはこちら 

NEC Solution Innovators
エントリー受付中