企業が大注目、リファーラル採用で何が変わる?

労働人口の減少していく将来に向け、企業が優れた人材を確保していくためには、採用手段も時流に合ったものへと変化させていく必要があります。そうしたなか、SNSの発達とともに、人材採用の新たなトレンドとして、「リファーラル採用」が注目されています。そこで、リファーラル採用の特色と導入のメリットについてご紹介します。

リファーラル採用とは?

リファーラル(Referral)とは、「紹介・推薦」を意味する言葉です。リファーラル採用(別名:リファーラル・リクルーティング)とは、社員自らがリクルーターとなって、社員個人のネットワークを介して、適した人材を企業に紹介する制度を指します。つまり、企業の求人に対して、社員自身の親族や友人、元同僚など個人的な知り合いを紹介する、ダイレクト・リクルーティングのひとつと考えてよいでしょう。

紹介による採用方式と聞くと、縁故採用を思い浮かべる方も多いかもしれません。おおまかな流れとしては似ていますが、縁故採用に対して、リファーラル採用は特定の分野に秀でた人材を探すオープンな採用方式であり、紹介者が企業からインセンティブを受け取ることができる点などに違いが見られます。

リファーラル採用で何が変わる?

アメリカではすでに主流の採用方式であるリファーラル採用ですが、国内でも検討や導入を始めている企業が増えているようです。今後も、働き方の多様化とともに、こうした流れは加速していきそうです。では、リファーラル採用を導入した場合、何がどのように変わるのでしょうか。そのメリットと展望について考えていきましょう。

採用活動の自由度が上がる

リファーラル採用では、社員がリクルーターとなるため、求人広告を必要としません。リファーラル採用を導入すれば、企業にとっては広告費の大幅削減という大きなメリットが生まれます。

また、広告の掲載日に合わせて採用活動を行う必要がなくなるため、必要なときに必要な人材を探すことができるようになり、採用活動の自由度もアップします。したがって、新卒一括採用よりも、少人数ベースの通年採用を行いたい企業にとっては、とくに魅力的な採用方式といえるでしょう。

入社後のミスマッチが起こりにくい

リファーラル採用では、社員によるフィルターを一度通すことで、人材選定のミスマッチが起こりにくくなります。紹介者である社員は、当然ながら社内の雰囲気や企業風土を熟知しており、紹介予定の人物が、会社が求める能力に見合った人材であるかどうかはもちろん、社風になじめるかどうかについても、あらかじめ判断できるためです。

また、新卒一括採用に比べて、同時期にたくさんの応募者が集中することがないため、面談にしっかりと時間を割くことができます。結果として、入社後のミスマッチが低減され、その後の定着率アップにつながります。企業側としても、応募者側からしても、入社後の「こんなはずじゃなかった」が発生しづらいということです。

転職者にチャンスあり

リファーラル採用の導入は、表立って活動していない転職希望者、もしくは転職活動を行う前段階の方に対してもアタックしていけるチャンスです。企業としては、そうした潜在層の掘り起こしが可能になります。高度なスキルを必要とする技術者、ニッチな分野の研究者、豊富な経験を持つ管理職者などは、公募ではなかなか獲得しにくいもの。そうしたキャリア採用に関しては、社員の個人的なつながりを生かせるリファーラル採用が有利といえます。

リファーラル採用の導入に向けて

リファーラル採用を導入するには、社員が安心して自らの知り合いを紹介できる環境づくりが大切です。無事に採用にいたるまでのステップ、報酬制度、その後のケアについて、社員に事前に説明を行い、しっかりと理解してもらう必要があります。

また、オウンドメディアやSNSを通じて、企業の魅力、人材育成や支援制度など、新しい情報を発信する広報活動も、企業の認知度を高めるうえで効果的です。ときには、オープンハウスやミートアップイベントなどの交流の場を設けて、自然と人的ネットワークが広がるような環境を用意するのもよいでしょう。

リファーラル採用は、企業と応募者の双方にさまざまなメリットがあるといえます。今後、労働人口の減少や、働き方改革の推進とともに、採用活動も変化を求められるなか、優秀な人材探しの新しい手段として、リファーラル採用の導入を検討する企業はますます増えていきそうです。


参考:

関連記事