2〜3㎜単位で精度を上げていく 躯体(くたい)職は “建物の構造全てを受け持つ仕事”

2〜3㎜単位で精度を上げていく 躯体(くたい)職は “建物の構造全てを受け持つ仕事”

2〜3㎜単位で精度を上げていく
躯体(くたい)職は
“建物の構造全てを受け持つ仕事”

このストーリーのポイント

  • 2022年より新しく募集する「躯体職」 建物の構造全てを受け持つ仕事
  • 技能や器用さよりも「お客様の家を造る」ということに責任感を持てるか、その気持ちが大事
  • 木造ゼネコンへの挑戦。建て方の精度や細やかさを極めた躯体職ならば即戦力として活躍できる

Q 躯体(くたい)職の主な仕事内容は?

埴岡:躯体というと、一般的には、建物の基礎の上の構造部分をイメージされる方も多いと思いますが、当社の躯体職は、建物の構造全てを受け持つ仕事になります。具体的には、まず、住宅のコンクリートの基礎部分を作ります。その後、木材を使用して、建物の構造部分を、1日から2日で一気に建てます。そこまでの仕事を建て方と呼んでいますが、建物の一番上の屋根の下地部分、屋根板を張るところまでが、躯体職の仕事になっています。

Q躯体職を育成する意義は?

埴岡:現在は、住宅造りの職人が非常に不足しています。高齢化であったり、後継ぎがいない等の問題もあり、建物の基礎工事を行う会社も減っています。当社は、そのような問題に対応していくために、躯体職の社員育成に取り組んでいます。また、生産性を上げていく必要があると考え、躯体に特化した若いチームを作っています。そのチームは、よりスピーディーに精度高く、基礎と建て方までを一気に作ることを使命としています。

Q躯体職の重要性はどんなところですか?

埴岡:やはり大工職人としては、建て方時に柱が傾かないように、2〜3㎜単位で精度を上げていく等、しっかりとした躯体を建てることに一番こだわりを持っています。そのような部分を社内のチームが担ってくれるのであれば、一番信頼できると思います。そのようなこともあり、社内でしっかりと躯体職を育て、精度の高い躯体を建てるということが重要であると考えており、当社の目指すところでもあります。

Q躯体職に適した人物像はどんな人ですか?

埴岡:「お客様の家を造る」ということに責任感を持てる方、「家を造るのが面白い」「どこまでも技術を極めたい」という気持ちを持っている方ですね。「自分が造った家に、お客様に何十年も住んでいただくんだ」という責任感を持って仕事に当たれる方でしたら、技能や器用さよりも、まずはその気持ちを持って頑張っていただければと思っています。ですので、そのような気持ちを大事にして面接でも話を聞くようにしています。技能については、入社後にベテラン指導員にて、くり返し指導育成をしていきます。

Q今後、どのようなところで躯体職の活躍の場が広がると考えていますか?

埴岡:私達は「木造ゼネコンを目指そう」と言っているくらい、木造の非住宅や中・大規模の建物にも、積極的に挑戦したいと思っています。実際に、ゼネコン企業と一緒に、7階建てビルの建設等も行っています。特に、当社の場合、建て方の部分だけの受注もしておりますので、建て方の部分については、非住宅のほうでも、躯体職の社員がすぐに即戦力として活躍できます。実際、住宅で培った建て方の精度や細やかさ、安全対策については、非住宅でも十分に通用しておりますので、「住宅だけではなくて、もっと大きな建物もやりたいな」という方がいましたら、将来的にどんどんチャレンジしていただきたいなと思っています。



名称未設定_(800_×_499_px)_(800_×_494_px).jpg

左官職
形に残る手仕事の魅力 

このストーリーのポイント

  • 大手企業である住友林業なら、自分の技術として身に付けられるから左官職を選んだ
  • 訓練後や休日なども、専門校ではご飯が用意される
  • さらにお風呂は大浴場で嬉しい 自分が塗った壁が、そのままの形で残ることが左官職としてのやりがい

2年目の若手社員 スペシャルインタビュー

Q.左官職を希望した動機は何ですか?

鈴木:自分の技術として身に付けられるなと思ったからです。あと、左官という仕事をしている人があまり数多くはいないと思ったので、そういう職業も経験してみたいなということで興味を持って、左官を選びました。

神田:求人票を見ていくなかで、大手企業である住友林業の名前を見つけて、「この会社、いいな。」と思いました。最初は大工職に進もうと思っていたのですが、左官職という職種も見かけて、「左官って一体なんだろう?」と少し気になりました。左官職について色々と調べてみると、壁を塗る仕事だということが分かりました。ちょうどその時、両親からも「左官職の人がテレビに出てるよ。」と教えてもらったことがありました。そのテレビ番組では「左官職の職人さんが、デザイン調に壁を塗っていて、きれいでいいな。」と思いました。それが、左官職を希望したきっかけでしたね。

Q.専門校の思い出は何ですか?

神田:専門校のお風呂は大浴場で広かったので、ちゃんと足を伸ばして肩まで湯舟に浸かれてよかったですね。それはとても印象に残っています。

鈴木:専門校で訓練をした後や休日なども、ご飯が用意されていたり、お風呂が用意されていたりして、そういう所はよかったですね。

青木:私は、高校を卒業してからすぐに会社に入ったので、最初は、右も左も分からない状態でした。ただ、その中でも、色々な地方から同年代の同期社員が集まっていたので専門校では仲間や友人もできて楽しかったですね。

鈴木:正直なところ、集団生活は少し嫌でした。でも、専門校での訓練の楽しさもあったので、1年間乗り切ることができました。

名称未設定_(800_×_499_px)_(800_×_494_px)_(1).jpg

Q.専門学校で学んでよかったことは何ですか?

神田:高校生の時は、朝はほとんど親に起こしてもらっていて、夜もあまり早く寝ることはありませんでしたが、専門校に入った後は、規則正しい生活をする習慣が身につきました。いま現場で仕事をしていて、専門校で身につけたこの習慣は大事なことだったんだなと感じています。

青木:専門校では、壁の塗り方や塗り順など、基礎的なことを教えてもらいました。いま振り返ってみると、そのような基礎的な部分はとても大事だったなと感じています。

Q.左官職の楽しさややりがいは何ですか?

鈴木:やはり最初は、壁に塗料を平らに塗ることができなくて、表面がデコボコしたり、塗った周辺が汚くなってしまうなど上手くいきませんでした。何回か練習を重ねていくうちに、平らに塗ることができるようになり、周りも綺麗に仕上げることができるようになりました。自分が塗った壁が、そのままの形で残るということには、左官職としての楽しさや嬉しさを感じます。 青木:一番のやりがいは、やっぱり自分の仕事が目に見える形で残るということだと思います。あとは、時々、早上がりできる時もあるので、そういう時は少し嬉しいですね。

神田:最初は道具を揃えてもらって、その道具を使って現場作業を行うのですが、手持ちの道具だけではやり辛い部分も出てきます。そんな時は、親方にコテなどの道具を貸してもらいます。その後、今度は自分で道具を買いに行って、実際にそれを使って、もう一度その現場の作業を自分でやっています。色々な道具が増えていくたびに、いままで自分では出来なかった所まで出来るようになった時は、自分自身の成長を実感することができます。そういう時は、本当に仕事が楽しいと思います。

名称未設定_(800_×_499_px)_(800_×_494_px)_(2).jpg

SHARE

住友林業ホームエンジニアリング株式会社についてもっと知りたい方はこちら

関連記事