課題解決型コンサルティングを通じて「お客さまの役に立つ」やり甲斐

Profile

伊原 由衣菜

第一生命保険株式会社

池袋総合支社 営業推進グループ
2016年入社

DILS_st02_2708.jpg

私のキャリア
2016年 入社
2016年 池袋総合支社営業推進グループ担当

社内に息づく「人財育成」文化を日々実感

私は池袋総合支社の営業推進グループで、FP担当をしています。具体的には生涯設計デザイナーとともに中小企業のお客さまを訪問し、その企業が抱える問題点を把握・分析したうえで、課題解決に繋がる提案を行い、企業の未来がよりよいものとなるようお手伝いをする仕事です。また最近では、経営者さまの相続や事業承継対策についてのお問い合わせも多く、法人のみならず個人のお客さまへのトータルコンサルティングも行っています。

私が心がけているのは、対話のなかからお客さまの潜在的なニーズを引き出す「課題解決型」のコンサルティングです。「お客さまは何を求めているのだろうか」「どうしたらお客さまの利益に繋がるのだろうか」…と日々、試行錯誤を繰り返していますが、金融や税務の知識を活かしたコンサルティングによってお客さまのお役に立てるという点が、いちばんのやりがいだと感じています。FP担当になった当初は、右も左もわからない状態でした。そんななかで初めて自分の担当オフィスを持ち、定量的な目標を与えられたときは「私にできるのだろうか」という漠然とした不安を感じました。でも、自ら本やネットで調べたり、上司や先輩に相談するなどして生命保険の商品知識や金融リテラシーを身につけ、FPの先輩がどのような活動をしているか伺って参考にしながら、少しずつ乗り越えていきました。

FP担当として初めて大きな契約をいただいたときのことは、今でも印象に残っています。先輩にプレゼンの練習に付き合っていただき、「どのように伝えたら、商品の魅力をわかりやすく説明できるか」をフィードバックしていただきました。ほかにも手続き書類の書き方を念入りに確認するなど、準備に準備を重ねて臨んだ結果、無事にご契約をいただけたときは本当に大きな達成感を得ることができました。

経営者向けのセミナーイベントを任されたことも、入社後もっとも成長できたと感じられる経験です。それまでは先輩から、どのように動けばいいかを指示される立場でしたが、イベント経験を通じて「いま、何をすべきなのか」を自ら考え、想像し、主体的に動くことの大切さを学びました。さらに、スケジュールの策定や周りを巻き込むリーダーシップの大切さなども実感することができました。

第一生命に入社を決めたのは、当社の人財育成や「人」に対する考え方に共感したことがきっかけでした。その気持ちは、働き始めてからも変わることなく私のなかで大切な価値観となっています。当社は一言でいうと「みんなで成長していくことができる環境」です。業務を遂行するなかでわからないことがあるときは、上司や先輩になんでも相談でき、「人財育成」の文化が根づいていると実感しています。

いずれは、会社の経営計画や戦略を考える仕事に携わってみたいと考えています。そのために今できることとして、まずはFP担当として営業の最前線で働く生涯設計デザイナーの支援を精一杯行い、FPとしてコンサルティング力をさらに向上させていきたいと思います。当社の企業理念である「お客さま第一主義」の精神を忘れることなく、これからも日々精進していきたいと考えています。

DILS_st02_1993.jpg

ある日のスケジュール

09:00
出社
まずはメールやその日の業務内容を確認。業績日報の作成を済ませてから、担当オフィスに移動します。
10:00
企業訪問準備
生涯設計デザイナーとその日のアポイントの事前打合せをしたり、お客さま向けの提案資料を作成します。
11:00
外出
2~3のお客さまを訪問し、商品のご提案を行います。帰社後はその日の活動について、上司に報告することも。
12:00
ランチ
社員みんなで仲よくランチ。健康管理にも気を使っています。
15:00
チームミーティング
抱えている案件に対して、チーム内で共有、目標達成のためのアドバイスなどをもらっています。
17:30
退社
明日やるべきことを整理し、頭をすっきりさせてから退社。同期や同じ部署の先輩と飲みに行くこともあります。

DILS_st02_2415.jpg

第一生命保険 基幹職採用についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

採用HPへ 

関連記事