パラマウントベッドを世界一魅力的な会社に。自らが、そのロールモデルになりたい

パラマウントベッドを世界一魅力的な会社に。自らが、そのロールモデルになりたい

このストーリーのポイント

  • 「社会に貢献できる仕事」「業界No.1」を重視し、パラマウントベッドに入社
  • 「眠りSCAN」に着目。病院や介護施設に営業活動を展開
  • 本社人事部に異動。自分に何を期待されているかを知り、意欲が高まる

女性がイキイキと働く会社を目指すパラマウントベッド。そのロールモデルになりたいと願い、日々採用業務に積極的に取り組んでいる。彼女の話を聞いて、パラマウントベッドへの入社を決めた学生も少なくない。自発的にチャレンジしていける環境のなかで、さまざまな経験を積み、自分を思い切り成長させたいと考えている。

-profile-

M.I.

パラマウントベッド株式会社

管理本部人事部人事課
2016年入社/経営学部経営学科卒

AA5557_prof.jpg

自分が好きなものには、徹底的に集中するタイプ。ダンスは、20年続けた。
パラマウントベッドに入社後は、持ち前の明るさと行動力を活かして福岡支店で営業として活躍。その一方、休日には国内各地や海外に旅行したりと、自分の時間も大切にしていた。現在は、本社人事部で新卒採用を担当。学生らに自社の魅力を熱心に語りかけている。

人の役に立ちたい。その想いがより強くなり医療業界に着目

幼いころから踊ることが大好きでした。高校はダンスの有名校。副部長を務め、ジャズダンスやヒップホップなどジャンルを問わず日々踊っていました。大学でもダンスサークルに入部。学園祭で踊ったり、並行してダンススクールにも通いました。皆で心を合わせて最高のパフォーマンスを作り上げる。あのワクワク感は今も忘れられません。

就職活動では譲れない軸がありました。特に意識したのは社会貢献。とにかく、人の役に立ちたいという気持ちが強かったです。祖父母が実家の近くに住んでいたこともあり、高齢の方が困っていたら助けてあげたいといつも思っていました。アルバイトもいくつか経験しましたが、サービス業が一番性に合っていました。お客様に「ありがとう」と言っていただけるのが何よりも嬉しかったからです。

また「業界No.1」であることも重要視しました。より大きな社会価値を生み、より多くの人の未来に貢献できる仕事に携わりたいと考えたからです。

しかし当初の私は地元東京で働くことが最優先。化粧品メーカーや百貨店、広告代理店など手当たり次第に受け、方向性を見失っていました。

そんな中、医療業界を目指すことを決めたのは病院でのボランティアと祖父が入院したことがきっかけです。医療従事者の方々の仕事はとても大変そうでしたし、祖父も長期の闘病に辛い想いをしていました。そんな姿に触れたことで「本当にやりたいことは何?」と自問自答し就職活動を再スタートさせました。

当時、パラマウントベッドという会社について全くの無知でしたが、医療・介護用ベッドの国内トップメーカーであることを知り、また「女性社員が多くない」こともプラスに捉え、むしろ自分がロールモデルになれるのではという思いを秘め入社を決めました。

AA5267_02.jpg

自分の提案が現場の業務改善につながり、やりがいを感じる

総合職として入社した同期は私を含めて20名。印象的だったのは、入社式に参列していた役員が式典の終了後に私たち一人ひとりのもとに近づき声を掛けてくれたことです。特に当時の社長から名前を呼ばれ「これからよろしくね」と言っていただいた時には「私の顔を覚えてくれているんだ!」と大変感激したことを覚えています。

研修は2カ月あまり続きました。その間ずっと行動を共にしていたので、同期の絆はかなり深まりました。工場研修では品質や安全に対するモノづくりの姿勢を学びました。例えば、ベッドのヘッドボードの角が尖っていては危険なので、職人が何度も何度も削ったり磨きを掛けていました。細部にまで徹底的にこだわる姿に業界トップのプライドを感じました。

AA5340_03.jpg

配属先は営業本部でした。総合職(全国勤務)で採用されたので覚悟はしていたつもりでしたが、「福岡支店」と知らされたときは不安で押しつぶされそうになりました。九州には行ったことがありません。一人暮らしも初めて。見知らぬ土地でやっていけるのか・・・。しかしそんな気持ちは赴任後1週間で消え去りました。とてもアットホームな職場だったからです。

福岡支店では病院や介護施設を訪問し、自社製品を提案・販売する施設営業を担当しました。先ずはお客様に顔を覚えていただくことからスタート。メンターの課長のもとでOJTが中心の毎日でした。一通りの仕事を覚えてからは自らの希望で睡眠測定システム「眠りSCAN」の専任として、福岡県だけでなく九州各県の色々な施設を回りました。

担当した施設で「看護や介護のスタッフは夜間の見回りだけで3万歩近くを歩き回る。特に現場のスタッフが少ない夜間は負担が大きい」という話を伺いました。「眠りSCAN」は入居者の睡眠状態をリアルタイムで把握できるので効率的に見回れることをご説明し、実際に導入していただいたところ「1.5万歩に減ったわ。ありがとうね」と大変喜ばれました。自分の提案が現場の業務改善につながったことを実感し、とてもやりがいを感じました。

2年目からは「眠りSCAN」の提案だけでなくベッド周りや居住空間全体のリフォームなど、お客様の抱えている課題を解決するさまざまな提案を行いました。とはいってもまだまだ商品知識が浅いので上司や先輩に相談したり、時には他の部署のメンバーとも連携しながら営業活動を進めました。

No.1企業に対するお客様の期待値は高いものです。それにお応えすること、さらに先輩たちが築いたものをどうしたら超えられるかを追求し悩む毎日でした。そして気づいたことは、お客様の課題を引き出すために必要なのは「現場の声」を直接聞くということ。現場で働く多くの女性職員が好みそうな色使いで空間提案するなど、自分らしさを最大限に活した工夫と取り組みでお客様との信頼関係を築きました。

「お客様に『できない』とは言わないこと。どうしたらできるかをみんなで考えていけば、解決策は必ず見つかる」それが私の尊敬する上司の教えです。

AA5472_04.jpg

人事異動で採用担当に。自分の経験を交えて魅力を伝える

3年が経過したところで異動の話がありました。仕事がスムーズに運び、ちょうど楽しくなってきたころです。しかも異動先は畑違いの本社人事部。「どうしてこのタイミング?何故私?」と頭は疑問だらけ。「営業としては失格なのかな」と凹むほどでした。そんな私を奮い立たせてくれたのも上司でした。「あなたが経験したことを学生に伝えてほしい」「営業だけでなく、この先色々なキャリアを積んで欲しい」と言っていただけたのです。嬉しかったです。

人事部では人材採用における様々な業務を担当しています。働き方改革やダイバーシティを推進するプロジェクトにも参画しています。 パラマウントベッドでは、毎年20人から30人の新卒をコンスタントに採用していますが数字ありきではありません。何よりも企業理念と理念に基づくビジョン(「医療」「介護」から「健康」まで、全ての人に笑顔を)に共感してくれる人材を求めているからです。

なので、会社説明会ではホームページに書いてあることを説明するだけでなく、自分の経験を交えながら仕事のやりがいと魅力をしっかりと伝えるようにしています。時には就活支援的な話をする場合もあります。学生一人ひとりに納得がいく会社選びをしてもらいたいと思うからです。自分が関わった学生から「御社で働いてみたくなりました」「自分のやりたいことが見つかりました」といったメールやお電話、お手紙をいただくこともあり、それが大きなやりがいとなっています。

採用担当の課題はいかに優秀な学生を確保するかですが、現状では 学生からのパラマウントベッドの認知率はそれほど高くありません。学生が興味を持ちそうなトレンドや情報をキャッチしながら少しでも私たちのことを知ってもらうためのアイデアを色々と練っています。

現在は採用に関する業務だけで手一杯ですが、今後は人事としてキャリアを積んでいくという考えもありますし、再び営業に戻るのも面白いかなと思っています。正直なところ、どのようなゴールを目指すかはまだ描けていません。ただ、結婚・出産・育児といったライフイベントを経験しながら働き続けていきたいと考えています。やっぱり仕事は面白いですし、業界No.1企業でしかできない様々なことに挑戦したいからです。

そしてもう一つ意識していることが後輩のロールモデルになること。「私も先輩のようになりたい」なんて言ってもらえたら嬉しいですね。パラマウントベッドには会社のステートメントである「as human, for human (人として、人のために)」に共感する仲間が集まっていて、人間的に魅力溢れる方たちばかり。「こういう人になりたいな」と思う人が沢山います。自分もそんな存在になりたいです。

入社して5年目の自分を振り返ったとき「どんな局面でもひるまなくなった」と感じます。営業職時代、駆け出しの頃から多くの経営トップとの商談を重ねたことで度胸が付いたようです。そして我が社の良いところですが、自発的に様々なことにチャレンジできる。積極的に発言をしたり、手を挙げればやりたいことをやらせてもらえるのです。そんな環境が私の成長を後押ししてくれています。

今後挑んでいきたいのは、どこよりも女性が活躍できる会社にしていくことです。もちろん私一人では叶わない目標なので一緒に作り上げてくれる仲間が必要です。パラマウントベッドを世界一魅力的な会社に。そんな想いを分かち合いながら共に歩んでいける人と出会いたいです。

AA5383_05.jpg

パラマウントベッド株式会社についてもっと知りたい方はこちらもご覧ください

リクナビ2023へ 

パラマウントベッド株式会社についてもっと知りたい方はこちらもご覧ください

関連記事