確かな成長環境と、プライベートの充実を両立する

確かな成長環境と、プライベートの充実を両立する

確かな成長環境と、プライベートの充実を両立する

PROFILE
ジブラルタ生命保険株式会社

エキスパートオペレーター
Fさん

tokaitokyo-fh-st01-02.jpg

5カ月の研修終了後、お客様受電を担当。
シニアオペレーターを経て、ダブルスキルオペレーターとしてお客様と営業担当の受電を担当。
その後エキスパートオペレーターへ昇格し、ダブルスキル受電もしつつ研修やメンター業務を担う。
2024年からは、SV(スーパーバイザー)としての昇格も決定。
好きなことは、おいしいご飯屋さん巡り・国内海外への旅行・お買い物!

ジブラルタ生命のオペレーター職に興味をもったきっかけは、ワークライフバランスと待遇でした

― 転職されたきっかけ・理由を教えてください。

F:大学卒業後、新卒の営業職で呉服業界に入社し、振袖や着物、宝飾品などの販売を3年間経験しました。仕事は嫌いではなかったですし、成績も悪くはなかったので、転職がしたくて会社を辞めたわけではありませんでした。生まれが海外だったので、再び一定期間を海外で生活したいと思ったのですが、仕事を続けながらだと難しくて。そこで一旦仕事を辞めようと思いました。
海外で生活し帰国した後、そろそろ働かないといけないなと思い、転職活動を始めました。転職活動では、年間休日や福利厚生がしっかりしていて、給与面も前職から大幅に下がらないという条件で幅広く探しました。

― ジブラルタ生命のコールセンターに興味を持ったきっかけは?

F:転職エージェントから生命保険業界や医薬品関連の会社を紹介されました。ちょうどその時、身内の不幸や病気が重なっていたこともあり、保険については何も知らないけれど、話を聞いてみようと思って。その中にジブラルタ生命のコールセンターの求人がありました。
他社にも似たような求人がありましたが、契約社員での採用や給与面が希望と合いませんでした。ジブラルタ生命のオペレーター職は、待遇や給与などが良かったですね。前職で電話営業をやっていたこともあり、元々電話に抵抗がなかったので、オペレーター職はありだなと思いました。

いきなり一人で受電をすることはないので、そこは安心できると思います

― 入社してから感じた、率直な印象は?

F:研修制度がかなりしっかりしていたことです。5か月間の研修中は、同期と切磋琢磨して勉強している、そんな気分でした。研修後も、周りのトレーナーや先輩たちが本当に手厚くサポートをしてくれました。みんなで頑張ろう!という雰囲気の良さを感じましたね。また、PC等の設備が充実していて、企業としての大きさも改めて感じました。
あと、入社してすぐに生命保険関連の試験を受験することには驚きました(笑)。

― 研修終了後、独り立ちするまでのイメージを教えてください。

F:最初のうちはペアで電話を取ります。またSV(スーパーバイザー)や教育担当がいて、横で通話内容を確認しながらしっかりサポートをしてくれます。電話内容も比較的簡単なものから対応しますし、いきなり1人で放り出されることはありませんので、安心できるのではないかと思います。もちろんお客様相手なので色々ありますが、私自身はそこまで大変だったな、苦労したなという経験はなかったですね。

― 入社後、どのようにキャリアアップしたか教えてください。

F:最初はオペレーターとして、お客様の電話だけを取っていました。その後、給付金などの難しい案件も受電するシニアオペレーターに昇格し、お客様とLC(営業担当)両方の電話をとるWスキルオペレーターになりました。シニアオペレーターやWスキルオペレーターに昇格するのはすごく大変なイメージだったのですが、コールセンターでは成果がすべて数字として出されるので、基準の目標をクリアしていけば確実に昇格(昇進)できます。
受電件数等のランキングが出るので、前職で営業をやっていたこともあり、常に上位にいたいと思って。順位にこだわりながらやっていたら、必然的に受電件数も増えて、対応時間も短くできるようになりました。件数を取れば知識もたくさん身につくので、相乗効果でキャリアアップできたのかなと思います。

― 現在はエキスパートオペレーターですよね。オペレーターとの業務の違い、仕事のやりがいを教えてください。

F:新人研修やメンター業務などでオペレーターのフォローをしたり、受電件数が伸び悩んでいるオペレーターとはどうしたら件数を増やせるかを一緒に考えたりしています。また、オペレーターが困らないように自身の経験を活かして、マニュアルを作成したり、電話を取る業務から、段々と業務の幅が増えました。大変ではありますが、「自分がこれをやった、自分が作ったマニュアルをみんなが使っている」ことを実感できるので、その分やりがいを以前より感じるようになりました。

確かなキャリアアップと、プライベートとの両立が魅力

― 働きやすさを感じる部分や、魅力を教えてください

F:傷病休暇(業務外の体調不良や怪我等で休む際の制度(有給休暇))やバースデー休暇が有給休暇と別枠であるのが良いですね。体調を崩してしまった時も困らないです。年に1回は1週間程度の長期休暇もしっかり取れています。
また、女性が多い職場のため、「結婚したら・子どもが生まれたら」といったモデルケースが周りにたくさんいます。結婚や出産をしてから働きづらくなることもなく、安心して働くことができます。残業は少なく、残業しても月に数時間くらいですので終業後の予定も立てやすいです。
給与についても、周囲と比較してまったく見劣りしないので、これからも頑張ろう!と思います。年4回のボーナスも大きいです。チーム内は風通しがよく、評価やキャリアパスが明確な点も魅力に感じています。

tokaitokyo-fh-st01-03.jpg

TAGS

ジブラルタ生命保険について詳しく知りたい方はこちら

SHARE

関連ストーリー