同じ目標に向かってみんなでがんばる醍醐味

同じ目標に向かってみんなでがんばる醍醐味

法人職域ファイナンシャルコーディネーター

リーテイル/法人市場課長

日本生命保険相互会社

本店法人市場部 本店法人市場7課

村田 遼子

2006年入社 経済学部卒

仕事内容

現在、村田は25人の営業課を運営する法人市場課長だ。営業課の業績管理、目標設定、営業職員の育成など幅広いマネジメント業務を行う中で、村田は「みんなでやる」スタンスを大切にしている。一人ひとりが営業のスペシャリストとして成長し、人としても成長できる、そんな課にしたいと日々の仕事に取組んでいる。

記憶に残るエピソード

「みんなでやる」営業課

「入社した当時はとにかく楽しかったです。たくさんの人と出会える仕事ですし、仲間も上司も楽しくて素敵な人たちばかりだったので、いまでも近況を報告し合ったりして、仲良くしています。」
村田が仕事のことを語るとき「私」より「仲間」のことを話すのは、入社した当時のこの楽しかった体験が理由なのかもしれない。

現在の25人の営業課をマネジメントする村田。毎日、仲間(営業職員や法人職域リーダー)たちとのコミュニケーションに多く時間を使っているという。
「25人いれば25通りのモチベーションがあり、目標があります。そんな仲間がそれぞれ精一杯頑張っているのが営業課です。そのトップとして私は一人ひとりに最適なアドバイスや指示をしたいのですが、正直なところまだまだだと思っています。反省することもよくあります。それにくらべれば営業職員だったころの私は気楽だったのでしょうね。」

fc11_p01_pc.jpeg

法人市場課長としての喜びも、営業課として大きな目標を達成したとき以上に、仲間たちと日々ミーティングを重ね、一緒にこつこつと活動し、たとえ小さな活動でも大きな目標にみんなで一歩近づけたときに強く感動するという。
「私の能力や力には限りがありますが、仲間一人ひとりの努力や挑戦が集まって、集団になり、塊になることですごい威力を発揮するときがあります。そんな瞬間に立ち会えることは私にとって大きなやりがいです。」

仲間にやる気をもらい、支えられ励まされて成長し、同じ目標に向かってみんなで頑張り、一緒に喜びを分かち合う。「みんなでやる」営業課を目指して奮闘する村田は、法人職域ファイナンシャルコーディネーターの魅力を一番感じている職員なのかもしれない。

私の求める人物像

あきらめないこころ

fc11_message_p01_pc.jpeg

新型コロナウイルスの影響で世の中の状況が日々変化したように、仕事の現場も日々状況が変わりますから、やるべきことも変化します。そんな中で大切なことは目標に対し失敗を恐れずチャレンジすることです。失敗しても修正すればいいだけです。どんなに困難なことや難題でもみんなで知恵を出し合い目標に対して最後まであきらめずやりきる。そんな仲間と一緒に働きたいと思っています。

※所属・役職や業績・カリキュラム等は全て取材当時のものです。

日本生命についてもっと詳しく知りたい方はこちら

新卒採用HP 

日本生命についてもっと詳しく知りたい方はこちら

関連記事